HOME 当会のご案内 土地家屋調査士の仕事 相談受付中 お知らせ 会員専用ページ Web会報(会員専用)
会員名簿 境界問題解決支援センター滋賀 リンク サイトマップ
表示に関する登記とは

●表示に関する登記とは

 法務局が管理する登記記録(登記簿)は記録される内容により、大きく「表題部」と「権利部」に分かれます。
 「権利部」はその名の通り、不動産の権利に関する内容が記録されています。
 一方、その権利の対象となる不動産を特定するため、場所や大きさ(面積)、種類などが記録されている部分が「表題部」です。

 “表示に関する登記”とは、「表題部」に記録される内容に関わる登記をいいます。
 例えば土地においては、不動産の所在、地番、地目、地積などに関わる登記があり、また建物においては所在、家屋番号、種類、構造、床面積などに関わる登記があります。